お葬式の際のお子さんの洋服

突然の葬儀やお通夜など冠婚葬祭では、お葬式への対応マナーなどが一番困ります。

急な訃報を受けて葬式に参列することになった際、大人は喪服が準備できても、子供の服はどうしようかと迷われる方は多いと思います。 子供の場合は、制服がある場合は制服で問題ありません。 制服はそのもので正装となりますので、色合いが派手であったり、チェックなどの柄があっても葬式に参列することが出来ます。 幼稚園や小学生といった子供の場合には、制服の場合は白のハイソックスが正装となりますので、葬式でも黒のソックスではなくて白のソックスが適しています。 制服がない子供の場合は、スーツでなくても構いませんが、カジュアルすぎない服装で参列します。 男の子の場合は白シャツ、ズボン、あればジャケットかベスト、女の子の場合はワンピースか白シャツにスカート、ジャケット、ボレロ、ベストなどの組み合わせが好ましく、色は黒で統一しなくてもシックな色ならば問題ありません。 白、黒、グレー、紺の組み合わせで、赤や黄色といった派手な色はさし色としても入っていない物を選びます。

結婚式やお葬式の際には、フォーマルな洋服を身に着けていくことが礼儀です。 特に、お葬式の場合には、礼儀がとても重要になることから、必ず黒い衣服、そしてフォーマルな衣服を着用して行くことが求められています。 男性の場合には黒いスーツ、女性の場合にもやはりフォーマルな形式の喪服を着用することになるわけですが、よくお子さんの場合には、どのようにしたらいいのかが分からない、という方もおられます。 その際には、制服がとても派手で、制服らしくないもの、というタイプでなければ、高校の制服など、ジャケット形式タイプのものなど、制服であれば「フォーマルなもの」として衣服でも分類されていますので、こちらをお葬式の際に、お子さんの場合には着用して行くことは問題ありません。 ただ、よく雑誌などで特集がされている、ピンク色のリボンに可愛い制服スタイル、のような本来学校で来ていくことが出来ない、学校指定でない制服の場合には、色が鮮やか過ぎるケースが多いため、こちらは相応しくありません。

<PR>住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / 健康マニアによる無病ライフ / 英語上達の秘訣 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / オーディオ / 初値予想 / お家の見直ししま専科 / ショッピングカート / 家計見直しクラブ / 童話 / 生命保険の口コミ.COM /

2017年1月25日