訃報に関する豆知識

知人の死亡の知らせとなる訃報は突然舞い込んでくると混乱しやすい物です。
そこで今回はこの訃報に関する2つの豆知識を紹介していきたいのですが、まず挙げる事になるのがこの知らせを受けた時に不在であったりして後から知ってしまった場合の対応です。
この様な場合には心情的に申し訳無い気持ちが出やすい物となっているのですが、こちらの対応としてはまず電話や手紙でお悔やみを述べる物となっています。
また別の対応として弔問という形を使っても良いのですが、こちらの場合には相手の都合をまず確認してから行う様にしてください。
そして2つ目は駆け付ける際の服装で、こちらは派手な服装を避けた方が良い物となっています。
この為、外出先で突然の訃報を聞いた場合に服装が派手目の物であった場合はそのまま駆け付けずに1度帰宅して着替える事が必要となっているのです。

弔電とは、やむを得ない事情があって通夜や告別式に参列できないときに喪主や親戚に対して弔意を表す電報を送ることで、遅くても告別式に間に合うように手配します。

弔電を出す場合、その一つの方法としてNTTの115に電話をする方法があります。
受付時間は午前8時から午後10時までとなっていますので注意が必要です。
文章を自分で考えることもできますし、NTTの文例を利用することもできます。
弔電の文章を考えてから115に電話をし、自分の電話番号、名前、送り先の住所、名前を告げ、台紙を選びます。
電報に記す文章をゆっくり読み、オペレーターが復唱するのを確認します。
また、NTTの文例を使用する場合はその番号を伝えます。
最後、オペレーターが文字数と料金の案内をするので確認します。

料金は台紙の種類や文字数によって異なりますが、千円~3千円が一般的となっています。

<PR>住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 超SEO対策 / 健康マニアによる無病ライフ / 英語上達の秘訣 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / オーディオ / 初値予想 / お家の見直ししま専科 / ショッピングカート / 家計見直しクラブ / 童話 / 生命保険の口コミ.COM /

2017年1月25日